飛行機にバッテリーは持ち込めるか?

飛行機にはさまざまな種類の荷物を持ち込むための規定がある。しかし、人々はそのようなものをハンドバッグに入れて持ち歩く。しかし、ほとんどの場合、電子機器の携帯は非常に重要になる。ほとんどの人は、飛行機にバッテリーを持ち込めるかどうか尋ねる。バッテリーにはいくつかの危険性があるため、ルールが異なります。ルールは安全上の理由によるもので、バッテリーの種類によって異なります。また、預け入れ荷物に入れるか、ハンドバッグに入れるかによっても異なります。

飛行機にバッテリーを持ち込めるかどうかを見てみよう。もし可能なら、どちらの方法が良いだろうか。

飛行機に持ち込めるバッテリーの種類は?

バッテリーは、受託手荷物でも機内持ち込みでも飛行機に持ち込むことができる。ただし、バッテリーの種類によって規定があります。ここでは、そのバッテリーの種類をご紹介します:

リチウムイオンバッテリー

これらのバッテリーには、携帯電話、ノートパソコン、タブレットなどの機器に搭載されている充電式のものも含まれる。これらの電池のエネルギー密度はかなり高い。だから長持ちするのだ。リチウムイオン電池を内蔵した機器の持ち運びについては、特に制限はない。しかし、一定の条件がある。電源を切るか、「スリープ/機内」モードにしておく必要があるのだ。悔しいかもしれないが、とにかくやるしかない。

予備バッテリーを持参する場合は、機内持ち込みにすること。預け入れ荷物は温度変化を受けやすいからだ。これらのバッテリーの許容限度は

  • リチウム金属電池:2~8グラム
  • 大容量リチウムイオンバッテリー:101~160Wh。

バッテリーは必ず別のパッキンに入れてください。または、保護ケースを使用することもできます。

リチウム金属電池

これらの電池は充電できません。リチウムが2g以下であれば機内持ち込みが可能です。また、これらの電池はショートや破損から保護しなければならない。緩んだ電池は爆発する可能性があるからです。また、これらのバッテリーを預け入れ荷物に入れることもできる。ただし、その場合は機器の中に入れておくことが条件となる。そうでない場合は、受託手荷物に入れることはできない。

こぼれるバッテリー/こぼれないバッテリー

こぼれやすいバッテリーは、受託手荷物にも機内持ち込み手荷物にも入れることはできません。唯一の方法は、車椅子の中に入れることです。係員はそれもチェックします。FAA(連邦航空局)の規則では、車椅子の中のこぼれやすいバッテリーは装着したままでなければなりません。

一方、液漏れしないバッテリーを飛行機に持ち込むことはできる。ただし、各バッテリーは100Wh、12Vを超えてはならない。予備バッテリーを2つ持ち込むこともできる。ただし、短絡からの保護は各自で行うこと。ノンスピラブル」と書かれた保護ケースに入れるようにしてください。

ニッケル・カドミウム電池

これらは充電式電池で、もう使われていない。しかし、古い機器にはまだ残っている。例えば、古いラジオ、医療機器、電動工具などです。これらは受託手荷物でも機内持ち込み手荷物でも持ち運ぶことができる。ただし、サイズ制限は航空会社によって異なります。大きなサイズのバッテリーを持ち運ぶ場合は、適切な方法で梱包してください。

ニッケル水素電池

これらの充電式電池は、電動工具、携帯機器、ハイパワーアプリケーションで見かけることができる。エネルギー密度はNi-Cd電池より高い。そのため、過充電になりやすく、安定性に欠ける。古いデジタルカメラやMP3プレーヤーには、この電池が搭載されているものがある。ケースはニッカド電池と同じ。預け入れ手荷物でも機内持ち込みでも、どちらでも持ち運ぶことができる。ただし、開けたままだと破損する恐れがあるので、保護ケースは必須だ。

アルカリ乾電池

アルカリ乾電池は上記の2つとは正反対である。充電式ではなく、玩具、リモコン、時計などの家庭用製品に使用されている。また、リチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が低い。そのため、より安定しており、危険性がないため飛行機に持ち込みやすい。そのため、どの航空会社でも、機内持ち込みや預け入れ荷物にすることが許可されている。

お使いの機器のバッテリーの種類を把握しておく必要があります。バッテリーの種類によって規則が異なるからです。また、飛行機に持ち込む機器のチェックもお忘れなく。

飛行機にパワーバンクを持ち込めるか?

最近、パワーバンクは便利なものになっている。壁に接続することなく、携帯電話の充電器として機能する。そして、飛行機に持ち込むこともできる。しかし、特別なルールがある。これらのツールにリチウムイオンバッテリーが含まれている場合、機内持ち込みにしなければならない。TSAによれば、パワーバンクを預け入れ荷物に入れることはできない。

一方、携帯電話の充電器は、コンセントに取り付けることができる携帯機器である。機内持ち込み手荷物でも預け入れ手荷物でもどちらでもよい。機内持ち込み手荷物に入れておく方がよい。というのも、預けた手荷物をどこかでなくしてしまう可能性があるからだ。そのような状況で電力が足りなくなるのは避けたい。そのため、パワーバンクや充電器は機内持ち込み手荷物に入れたほうがよい。

もうひとつ、機内持ち込み手荷物に入れるべきものは、VAPE機器または電子タバコ(喫煙者の場合)だ。ただし、機内では充電も使用もできません。荷造りの際にも、VAPE機器の電源が入らないようにしなければなりません。これらの電子機器は、たとえバッテリーを取り外したとしても、受託手荷物に入れることは禁止されている。安全上の問題があるからだ。

それに、バッテリーがリコールされた電子機器を持ち込むことはできない。それは、それに伴うリスクがあるからだ。そのバッテリーが発火したら大変です。だから、そのようなリコール電池は避けるようにしよう。

結論

バッテリーは重大な危険性があるため、ほとんどの航空会社はバッテリーの持ち込みを禁止している。しかし、バッテリーを搭載した特定の電子機器の持ち込みを制限することはできない。ですから、飛行機にバッテリーを持ち込むことは可能です。しかし、バッテリーの種類によって機内に持ち込めるかどうかが決まります。また、預け入れ手荷物にしたほうがいいバッテリーもあれば、機内持ち込み手荷物にしたほうがいいバッテリーもある。そのため、まず規則を確認し、それからどちらの方法が良いかを決めてください。

コメントを残す

jaJapanese