世界のリチウム・ゴルフカート・バッテリー・メーカー トップ10

エネルギー面で持続可能性を達成することは時代の要請である。その結果、バッテリーの需要が高まっている。これらのバッテリーは、消費者が必要なときにいつでも使用できるエネルギーを格納します。世界中のリチウムゴルフカートバッテリーメーカーの大多数があります。製造方法はほとんどすべて同じです。しかし、仕様とコストは何とか異なっている。

ゴルフカートの始動にもバッテリーは重要だ。この目的のために製造されたバッテリーにはさまざまな種類があります。AGM鉛バッテリー、浸水型鉛バッテリー、リチウムイオンバッテリーなどです。ゴルフカートのバッテリーは、限られたエネルギーを蓄えるアキュムレーターです。それを適切な場所で使用することができます。バッテリーを交換する前に、ゴルフカートが電気式かガス式かを確認する必要があります。

ガス式ゴルフカートは12Vバッテリー1個で走行できる。しかし、電動カートは始動にさまざまなディープサイクルバッテリーが必要です。"鉛バッテリー "の代わりには "リチウムイオンバッテリー "が最適です。ほとんどのゴルフカートユーザーもこれを推奨している。鉛バッテリーと比較して、前者がいかに優れているかを見てみよう。また、世界のリチウムゴルフカートバッテリーメーカーTOP10についても考えてみます。

1.ジョンソンコントロールズ

「ジョンソンコントロールズ」は、現在最大のバッテリーメーカーである。1885年の創業以来、100年以上の歴史を持つ。150カ国以上に700以上の支店がある。建物の安全装置や "HVAC "の製造を目指している。その部門のひとつである「ジョンソン・コントロールズ・パワー・ソリューションズ」は、バッテリーの生産に特化している。これらのバッテリーは自動車やゴルフカートに使用されている。

同社はさまざまな製品を製造しているが、誰もが知っているのはバッテリーだろう。同社のエネルギー貯蔵製品は長持ちする。また、機器の効率も向上させる。どこの支店でも好きなバッテリーを買うことができる。その理由は、様々な国でサービスを提供しているからだ。

2.ゴティオン ハイテク

「ゴティオン・ハイテック」もまた、中国に拠点を置く電池製造会社である。この電力電池産業は、中国の資本市場にいち早く参入した。配電設備とエネルギー貯蔵設備を製造している。また、「自動車用パワーリチウム電池」も製造している。その生産と購買システムは独立しており、独自の研究開発を持っている。また、世界各地に研究センターを設立している。米国、インド、ドイツ、シンガポールなどである。主要生産拠点は中国の10都市にある。

同社がバッテリーの生産を開始したのはずいぶん前のことだ。電気自動車の需要が高まっていた時代だ。そのため、ゴルフカート用のリチウムイオンバッテリーを生産することを考えた。すでに順調に進んでいる。現在も「リン酸鉄リチウム材料」の効率化に取り組んでいる。

3.EVEエネルギー

"EVEエナジー "もまた、"ゴルフカート用リチウムイオンバッテリー "を製造する中国企業である。同社は電力用バッテリーにもソリューションを提供している。また、「エネルギーのインターネット」(IOE)や「モノのインターネット」(IoT)を利用することもできる。

同社の消費者向け電池製品も数えられる。小型リチウムイオン電池、リチウム一次電池、円筒形電池などである。また、車載用電子機器や電動工具もある。円筒形電池」や蓄電システムも製造している。これらすべてを製造している企業はあまり見かけないかもしれない。「リン酸鉄リチウム電池」も同社の製品に加わっている。つまり、家庭用バッテリーでもゴルフカート用バッテリーでも、必要なものは何でもいいのだ。

4.コンチネンタル・バッテリー

「コンチネンタル・バッテリー・ソリューションズ」は、著名なバッテリー製造・販売会社である。米国に本社を置く企業である。創業者は1955年にカリフォルニアで小さなバッテリー・リサイクル・システムを始めた。同社はバッテリーのリサイクルを始めた企業のひとつである。その後、同社はバッテリーの製造も開始した。現在、全世界が同社のサービスの恩恵を受けている。

同社はさまざまな用途のバッテリーを製造している。自動車、EV、ゴルフカート、ソーラーなどである。そのほかにも、あらゆる分野向けの製品を提供している。また、1つのタイプにこだわらず、さまざまなタイプのバッテリーを生産している。それ以外にも、さまざまなアクセサリーを製造している。例えば、テスター、ブースター、その他の機器などだ。ゴルフカート用のリチウムイオンバッテリーが必要なら、この選択肢を考えてみてください。

5.天能電池

ティエンネン・バッテリー・グループ(通称ティエンネン)は、中国を代表するバッテリーメーカーである。リチウムイオンゴルフカート用バッテリーの生産を目標としている。同社はまた、さまざまな種類のバッテリーを製造している。蓄電池、スタンバイ電池、3C電池などである。自動車用スタート/ストップ・バッテリーと燃料電池も同社の製品である。現在、中国の5つ以上の都市で操業している。

ほとんどの企業は、1種類のバッテリーを作ることに集中している。彼らの最終目標は、消費者に最高の製品を提供することだ。しかし、天燃はそうではない。それぞれの製品を安くすることに重点を置いている。そのおかげで、ほとんどの同業他社に比べて成功したのだ。

6.トライテック

Tritekもリチウムイオン電池パックを製造する中国企業である。ベスト・バッテリー・メーカー」の主な競争相手として頭角を現している。最先端のバッテリーソリューションが成功の鍵だ。これらのバッテリーはさまざまな用途に使用できる。しかし、正しいバッテリーを選ぶようにしましょう。エネルギー貯蔵、ゴルフカート、産業機械などです。その設計思想は極めてシンプルだ。それでも、寿命を心配する必要はありません。これらのバッテリーは十分に長持ちします。

同社には15年以上の経験がある。だからこそ、バッテリー市場で驚異的な成果を上げてきたのだ。同社の重要な強みは、その品質プロトコルだ。同社は1日に約2万パックを製造している。そして、時間管理も忘れない。また、あなたのアイデアを同社に伝えることもできる。そして、彼らはそれを現実にしようとするだろう。総じて、トライテックはゴルフカート用バッテリーの製造に秀でている。

7.バトルボーン・バッテリー

「バトルボーン・バッテリー」はリチウムイオン電池のトップメーカーのひとつである。その始まりは偶然だった。ネバダ大学リノ校でMBAを取得した2人の学生が、エネルギー貯蔵のプロジェクトに取り組んでいた。その結果、彼らは技術を開発し、自分たちの会社を立ち上げた。ゴルフカート用バッテリーを専門に生産する大企業に成長した。EV用、RV用、バン用のバッテリーも生産している。

同社の主力製品は12Vシリーズである。12Vリチウムイオンバッテリーは、日常生活で最も使用するバッテリーだ。同社はこの間、流通業務も強化してきた。ウェブサイトにアクセスして注文すれば、バッテリーを注文することもできる。

8.クラリオス

何十年も前に創業し、今なお現役の企業について知る機会はめったにない。クラリオスもそのひとつで、130年の豊かな歴史を持つ。この電池製造業は、リチウムイオン電池の生産ではトップクラスだ。ジョンソン・コントロールズとは長い間一緒に仕事をしていた。しかし、両社は2019年に決別した。同社はRV、トラック、車両用バッテリーも生産・販売している。

米国に本社を置く企業だが、世界各地で電池を販売している。また、最近では中国リチウム電池技術との提携を計画している。また、顧客一人ひとりのニーズに応えるため、米国での事業拡大も視野に入れている。ゴルフカート用バッテリーメーカーとしてはトップ10に入る。

9.CATL

CATLは現在、世界的に競争している企業である。電力電池の製造に特化している。エネルギー貯蔵システムに力を入れている。これらのシステムは新車のみに使用できる。同社はパワーバッテリーシステムの製造・販売にも取り組んでいる。また、バッテリーのリサイクルとともにバッテリーの二次利用も専門としている。2017年には、世界のリチウムパワーバッテリーシステムのトップメーカーとして表彰された。また、他の自動車会社とのつながりもある。そのため、他国でも優れた業績を上げている。

現在、中国で最も重要なリチウムイオン製造産業である。国際的なトップ企業のサプライチェーンにも入っている。それが他とは異なるユニークな点である。

10.リリオン

リリオンは2014年に操業を開始し、瞬く間にアメリカのトップゴルフカートバッテリーメーカーとなった。その目標は、顧客の役に立ち、高品質のバッテリーを提供することだ。設立当初に築いたチームが会社を成功に導いている。同社は今のところ事業拡大を考えていない。同社が最も重視しているのは、製品を効率的にすることだ。

リリオンはさまざまな自動車用のバッテリーを製造している。ゴルフカート、バン、トラックなどである。同社の中心メンバーは全員、バッテリー業界の資格を持っている。同社はまた、"ポータブル・パワー "の生産に特化している。そのため、リリオンはリチウムイオンバッテリーを長持ちさせるために最善を尽くしている。

結論

バッテリーの使用は最近、さまざまな目的でごく一般的になっている。ソーラーシステムに使う人もいる。同時に、エネルギー貯蔵のために使う人もいる。リチウムイオンバッテリーは、あらゆるゴルフカートや自動車に必要なものです。しかし、リチウムイオンバッテリーの製造を得意とする企業はほとんどない。目標はバッテリーをより効率的にすることだ。上記の企業は、リチウムイオンゴルフカートバッテリーメーカーのトップ10です。各社のウェブサイトをご覧ください。

コメントを残す

jaJapanese