芝刈り機のバッテリーの寿命は?バッテリーを長持ちさせるコツ

芝刈り機のバッテリーは通常3年から5年持つ。しかし、わずか1年で寿命が尽きるものもあれば、最長8年持つものもあります。どれくらい持つかは、使い方と手入れの良し悪しによります。芝刈り機のバッテリーの寿命には、さまざまなことが影響します。ほとんどの場合、それはあなたが持っている芝刈り機の種類と、それが使用するバッテリーの種類に依存します。

この記事では、芝刈り機のバッテリーを長持ちさせる要因について説明します。さらに、これらのバッテリーの問題を回避する方法についてもお話します。その前に、芝刈り機のバッテリーの種類とその仕組みについて学びましょう。そうすることで、芝刈り機のバッテリーがどのように機能するのかをよりよく理解することができます。そうすれば、バッテリーを長持ちさせることができます。 

芝刈り機用バッテリーの種類

市場にはさまざまな種類のバッテリーがある。そのほとんどは、リチウムイオン電池と鉛蓄電池の2種類に大別される。以下では、理解を深めるために、両方のタイプのバッテリーについて説明します。 

鉛蓄電池

鉛蓄電池は芝刈り機に使われる一般的なバッテリーです。鉛蓄電池は非常に古くから存在しています。これらのバッテリーは使いやすく、価格も手ごろなので人気があります。最も古いタイプのバッテリーのひとつです。これらのバッテリーは、硫酸電解液と鉛板を含んでいます。セルあたり2ボルトを供給する。さらに、1回の放電では全容量に達しない。これらのバッテリーは、一般的に200〜300サイクルで1〜3年間持続します。

鉛蓄電池は重く、メンテナンスも必要です。寿命を延ばすためには定期的に充電する必要がある。これらのバッテリーは水素ガスと硫酸を排出し、腐食を引き起こします。腐食はバッテリーの寿命に悪影響を及ぼします。さらに、これらのバッテリーは、その信頼性と手頃な価格で知られています。

長所だ:

  • 手頃な価格
  • 広い動作温度範囲
  • 低い内部抵抗
  • 非常に一般的で簡単に入手できる
  • リサイクル可能

短所だ: 

  • とても重い
  • 定期的なメンテナンスが必要

リチウムイオン電池

リチウムイオンバッテリーは比較的新しい。鉛蓄電池ほど長い歴史はありません。リチウムイオンは新しい技術です。このバッテリーは、芝刈り機市場に最近登場したものです。一般的に、バッテリーの寿命は約5年または500サイクルです。 

これらのバッテリーは軽量でエネルギー密度が高い。より小さいサイズでより高いエネルギーを供給する。セルあたり4ボルトだが、最大72ボルトまで対応できる。しかも、比較的高価である。さらに、メンテナンスが最小限で済み、電解液を何度もチェックする必要がない。メンテナンス・コストの低さは、購入コストの高さと釣り合っている。

リチウムイオンバッテリーの高品質な素材は、より長い寿命、より速い充電、より長いバッテリー寿命を提供します。これらのバッテリーは軽量で寿命が長いため、人気が高まっています。

長所だ:

  • とても軽い
  • このバッテリーは寿命が長い
  • 高速充電が可能
  • 低自己放電
  • メンテナンスはほとんど必要ない

短所だ:

  • 少し高い 
  • 熱暴走しやすい可能性がある
  • 非常に高い温度ではあまり性能を発揮しないかもしれない。

芝刈り機用バッテリーの平均寿命

バッテリーの種類によって寿命や充電回数が異なります。これによってバッテリーの寿命が決まり、バッテリーによって異なります。鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーの寿命を以下に見てみましょう。 

鉛蓄電池

芝刈り機の鉛バッテリーの平均寿命は2~3年です。この寿命は、使用状況や本記事で取り上げたその他の要因によって異なります。適切なメンテナンスを行い、深い放電を少なくし、定期的に充電することで、鉛蓄電池の寿命を延ばすことができます。

リチウムイオン電池

芝刈り機のリチウムイオンバッテリーの平均寿命は3~5年と高い。高品質のモデルには、これよりさらに長持ちするものもあります。さらに、リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばすには、適切な充電方法と極端な高温を避けることが重要です。

バッテリー劣化の兆候 

バッテリーの劣化の兆候がないか観察することで、バッテリーへの深刻な損傷を防ぐことができます。芝刈り機のバッテリーから目を離さないことが、潜在的な問題を回避するのに役立ちます。芝刈り機のバッテリー劣化の兆候を見てみましょう。

パフォーマンスの低下

バッテリー劣化の最も顕著な兆候は、性能の低下である。これはバッテリーの老化によって起こる。バッテリーが古くなればなるほど、効率と容量が低下する。充電の遅さや放電の早さなど、疲労の兆候が見られるようになる。さらに、1回の充電で以前と同じ面積をカバーできなくなることもある。エンジンのクランキングが遅くなるなどの兆候も、性能低下の指標です。

草刈機の始動が困難

バッテリー故障の一般的な兆候は、芝刈り機の始動が困難になることです。これはバッテリーの損傷によって起こります。電解質の凍結が原因で、特に冬によく起こります。 

損傷の視覚的兆候

鉛バッテリーは酸を含むため、腐食の危険性が高い。端子の腐食はバッテリーの劣化を示す視覚的なサインです。さらに、ケースの膨らみも損傷の指標となります。 

バッテリー寿命に影響する要因 

芝刈り機のバッテリーの寿命は、いくつかの要因によって左右されます。5年持つはずのバッテリーが3年しか持たないこともあれば、8年以上持つこともあります。すべてはバッテリーの寿命に影響を与える特定の要因に依存します。 

バッテリーの種類と品質

高品質なバッテリーほど長持ちする傾向があるという研究結果もある。バッテリーの種類については前述しました。それぞれのバッテリーの特徴についても説明しました。どちらのタイプのバッテリーにも利点と限界があります。芝刈り機のバッテリーの寿命は、中に入っているバッテリーの種類によって異なります。リチウムイオンバッテリーであれば、最大5年は持ちます。鉛バッテリーなら2~3年です。 

使用頻度

調査によると、使用頻度の高いバッテリーは寿命が短い傾向にある。これは、充電と放電のサイクルが多いためである。バッテリーは使えば使うほど消耗するので、より多くの充電が必要になる。 

頻繁な充放電は寿命を縮める。一般的に500サイクルのバッテリーが5年もつとします。使用頻度が多ければ3年しかもたないかもしれない。つまり、使用頻度が芝刈り機のバッテリーの寿命を左右する大きな要因なのだ。鉛酸バッテリーは200~300サイクルですが、リチウムイオンは500サイクルです。 

充電の習慣

バッテリーとその寿命において重要なのは充電です。充電の習慣はバッテリーの寿命に大きな影響を与えます。その習慣とは、過充電と過充電です。どちらもバッテリーの寿命を縮めることにつながります。 

バッテリーを長持ちさせるには、両極端を避けることをお勧めします。バッテリーに悪影響を及ぼすので、過充電はしないでください。また、推奨充電率以下の過充電もしないでください。これもバッテリー寿命に悪影響を及ぼします。 

鉛バッテリーは90~100%の充電を推奨します。リチウムバッテリーは、50~70%の間で充電し、それ以上充電しないことを推奨します。バッテリーの寿命を最適化するために、推奨限度内で充電し、極端な充電はしないでください。

環境条件

バッテリーが置かれる環境の気候は、その寿命に大きく影響する。気候というのは温度のことです。高温でも低温でも、極端な温度はバッテリーの性能を損ないます。バッテリーを長持ちさせるには、適度な温度で保管する必要があります。

どのタイプのバッテリーにも、機能するための最適な温度範囲があります。温度がこの限度を超えると、バッテリーの寿命と性能に悪影響を及ぼします。極端に高温の場合も極端に低温の場合も、バッテリーに悪影響を及ぼします。 

鉛蓄電池の充放電に最適な温度は華氏-4~122度。リチウムイオンバッテリーの充電に最適な温度は華氏32度から113度です。放電温度は華氏-4度から140度です。 

保管とメンテナンス

バッテリーを含め、あらゆるものの寿命を延ばすにはメンテナンスが重要です。適切なメンテナンスを行うことで、バッテリーの寿命に悪影響を及ぼすような大きな問題を避けることができます。鉛蓄電池はリチウムイオンバッテリーよりも多くのメンテナンスが必要です。鉛蓄電池の場合、メンテナンスには端子の清掃と電解液レベルのチェックが含まれる。端子にホコリやゴミが溜まっているだけでも、電気的な接続不良の原因になります。これはバッテリーの寿命を縮める原因にもなる。 

ほとんどの人は芝刈り機を1年中使うわけではないので、適切な保管方法を学ばなければならない。これは、バッテリーの寿命を保つために非常に重要です。保管環境と温度は考慮すべき重要な要素です。バッテリーの寿命を延ばすための実践方法やヒントについては、さらにお読みください。 

芝刈り機用バッテリーの寿命を延ばすコツ 

前述したように、5年持つはずのバッテリーが3年しか持たない場合もあれば、8年も持つ場合もある。それは特定の要因に依存し、我々は以下のヒントでこれらの要因に対処することができます。芝刈り機のバッテリーを長持ちさせたいなら、これらのヒントは最適です。 

適切な保管技術

芝刈り機のバッテリーは、適切な手入れをすることで最大限に活用できます。バッテリーの寿命を延ばすには、涼しく乾燥した場所に保管することをお勧めします。適切な保管方法については、バッテリーの最適温度範囲を参照してください。その温度範囲内でバッテリーを保管するようにしてください。 

芝刈り機の所有者の多くは、一年中芝刈り機を使用するわけではありません。芝刈り機のバッテリーは、最適な保管条件で保管する必要がある。バッテリーを取り出してケースに入れる。ケースに入れたバッテリーは、温度変化の少ない場所に保管する。夏場なら涼しい場所、冬場なら暖かい場所がおすすめです。 

冬には、バッテリーが凍らないようにバッテリーウォーマーのアクセサリーを購入することができる。凍結すると、バッテリーの性能と寿命に大きな影響を及ぼします。同様に、非常に高温になることも、ショートや熱暴走の原因となるため有害です。 

定期的なメンテナンスと点検

鉛バッテリーの場合は、バッテリー端子を定期的に清掃し、電解液レベルをチェックすることをお勧めします。リチウム・バッテリーはそれほどメンテナンスの必要はありませんが、異常な兆候がないか注意してください。また、メーカーのガイドラインをよく読んでください。

環境への配慮

バッテリーの劣化を防ぐため、80°F以下の温度で保管してください。バッテリーを保管している場所が湿気や湿気の多い場所でないことを確認してください。バッテリーは上記の最適温度範囲内で保管する必要があることは、もうお分かりでしょう。 

正しい充電方法

先に述べたように、充電はバッテリーの重要な側面です。過充電も過充電もバッテリーの寿命に悪影響を及ぼします。推奨される範囲内で充電すれば、バッテリーは大丈夫です。メーカーのガイドラインに従ってバッテリーを大切にしましょう。 

結論 

つまり、芝刈り機のバッテリーの寿命に影響する要因を理解することで、より良い状態を長く保つことができるのです。バッテリーの種類によって、利点も制限も異なります。バッテリーとそれに影響するものについてのちょっとした知識が、長い目で見ればあなたを助けてくれます。この記事で取り上げたヒントを使えば、芝刈り機のバッテリーを長持ちさせ、頻繁に交換する必要をなくすことができます。これは、最終的には時間とお金の両方を節約することができます。これらの戦略に従って、芝刈り機のバッテリーを最大限に活用しましょう。

コメントを残す

jaJapanese