ソーラーパネルは何枚必要ですか?

燃料や電気料金の高騰により、人々は代替資源を考えるようになった。そして現在、太陽エネルギーに勝る選択肢はない。しかし、ほとんどの人は一つの質問をする:「ソーラーパネルは何枚必要ですか?この質問は少し複雑で、ケースによって異なります。しかし、それはいくつかの要因に依存します。平均的な家庭では、エネルギー需要を満たすために10~15枚程度のソーラーパネルが必要です。この数は、居住者の数や電化製品の使用状況によっても異なります。

あなたの家に必要なソーラーパネルの数も重要だ。プロジェクトの総費用が決まるからだ。しかし、それによって左右される要素には、エネルギー使用量、屋根の大きさ、家の立地などがある。お住まいの地域の日照量も重要な要素です。つまり、これらすべてを組み合わせてパネルの必要性を理解するのです。

ソーラーパネル選択の決め手を見てみよう。

どのくらいの太陽エネルギーが必要ですか?

光熱費請求書は、必要なエネルギーを決定するために最初に考慮すべきものです。これで、ご自宅の1ヶ月の平均エネルギー使用量がわかります。家庭の平均的な消費電力は、1ヶ月あたり800kWから900kWです。あるいは、あなたの家でも計算できます。1時間に必要な電力にピーク日照時間をかけます。その答えをパネルのワット数で割る。必要な電力量の正確な数字が出ます。

また、住んでいる場所によっても、必要なパネルの数が変わってくる。例えば、丘陵地帯では一年中雪が降り続く。その結果、太陽は時々しか顔を出しません。そのような状況では、エネルギー需要を満たすために、より多くのパネルが必要になるかもしれません。

必要なソーラーパネルの数を決める要因は?

必要なパネルの枚数は、特定の要素によって決まります。これには、電力使用量、屋根の日照量、スペースなどが含まれる。ここではこれらについて詳しく見ていこう:

消費電力

ソーラーパネルを設置するのは、ソーラーパネルに電力を供給してもらいたいからだ。しかし、まず自分の家や職場にどれだけの電力が必要なのかを知る必要がある。居住者が多い家ほど多くのエネルギーが必要なのは明らかですし、その逆もまた然りです。大きな家も同様だ。しかし、より質の良い電化製品を使えば、消費電力は大幅に削減できる。そのため、家電製品の数が少ない小規模な住宅では、必要なエネルギーも少なくて済む。その結果、ソーラーパネルの数も少なくて済む。

請求書に記載されているkWh(キロワットアワー)は、あなたの家庭の電力使用量を示しています。例えば、1日平均5~6時間のピーク時に月700kWhを使用する場合は、より大きな太陽光発電設備が必要になります。これに対し、350kWhを使用する家庭では、より小さなセットアップが必要になる。後者の方がエネルギー使用量が少ないからだ。そのため、パネルを増やす必要はない。

電化製品の使用状況に応じてエネルギー効率が高い家であれば、パネルの枚数は少なくて済む。例えば、LED電球のような省エネ家電を使えば、消費電力を抑えることができる。総じて、エネルギー使用量が多ければ、より多くのパネルを設置する必要がある。

オリエンテーションとシェーディング

屋根がパネルの設置に適しているかどうかを検討するのが最善だろう。屋根に日陰があると、ソーラーパネルは機能しない。しかし、日光が当たる屋根は良い候補となる。屋根の一部に必要な日照が得られない場合は、そのスペースも使用できません。

パネルの向きや方向は、住んでいる場所によって異なる。南向きのパネルを好む地域もあれば、北向きのパネルを好む地域もあります。これを考慮することで、パネルの出力が最適化され、発電量が最大化されます。しかし、設置は専門の太陽光発電設置業者に依頼した方が良い。間違った方向に決めてしまう可能性があるからだ。

屋根とパネルのサイズ

ソーラーパネルを設置する場合、屋根の大きさが最も重要です。屋根の大きさは関係なく、日陰があれば意味がありません。屋根が小さければ、単結晶パネルが必要になります。それは効率が高いからだ。設備投資額は高いが、少ないパネルで電力をまかなうことができる。その結果、投資収益率(ROI)も高くなります。単結晶パネルと多結晶パネルを比べてみてください。前者の方が優れています。

薄膜ソーラーパネルも安価なので使える。しかし、効率は低い。そのため、より多くのユニットを設置することになる。そして、ほとんどの家には十分なスペースがありません。また、パネルの標準サイズは40~65インチです。しかし、それはブランドによって異なります。ですから、太陽光発電業者に屋根の診断を依頼することをお勧めします。その後、パネルのサイズを提案し、パネルの枚数についても教えてくれるだろう。

気候条件

お住まいの地域が厳しい気象条件の場合、ソーラーパネルの効率に影響が出る可能性があります。しかし、もしあなたが日照時間の長い場所に住んでいるのなら、その条件の方が適しているだろう。日照時間が短い地域では、エネルギー損失を補うためにより多くのパネルが必要になる。そのため、ソーラーパネルの枚数を決める際には、この要素も考慮する必要がある。

予算

上記のすべての要素に比べ、予算はより重要です。屋根の位置や大きさをチェックする以外に、あなたのポケットがそれを行うことができるかどうかを確認する必要があります。太陽光発電プロジェクトの費用は、パネルの数や質にもよりますが、$16000~$40000です。これには、バッテリー、ソーラー・ユニット、設置の費用も含まれる。

また、パネルの寿命を延ばしたいので、メンテナンス費用も追加されるかもしれない。全体として、予算は高く見えるかもしれません。しかし、最終的にはかなりの節約になります。

これらすべての要素を考慮して、必要なパネルの数を決めなければならない。

あなたの家のパネル数を計算するには?

以上のことから、パネルを設置する前に何を見るべきかがわかっただろう。しかし、パネルの枚数を計算することこそ、あなたが知らなければならないことです。以下に、パネルの総数を計算するためのステップの内訳を示します:

一世帯の平均年間エネルギー使用量10,500 kWh

1日の平均日照時間4時間

年間ピーク日照時間365×4=1460時間

太陽電池パネルのワット数: 350W

  • 年間エネルギー消費量に1000を掛ける:10,500,000
  • この数値をピーク日照時間の合計で割る:

10,500,000/1460= 7191.78

  • これを各パネルのワット数で割る:

7191.78/350= 20.5

これは四捨五入して21となる。

つまり、1枚のパネルが350Wで、設置場所のピーク日照時間が4時間の場合、必要なパネルの枚数は21枚となる。しかし、消費電力が増えれば、パネルの枚数も増えることを覚えておいてほしい。例えば、特定の電化製品のためだけに21枚のパネルを設置した場合、それ以上動かすことはできません。例えば、エアコンやテレビなどです。

また、電気自動車を充電するためにパネルを設置する人もいる。電気自動車は毎日充電する必要があるため、これは信頼できるオプションのひとつである。その結果、燃料代と電気代を節約することができる。

ソーラーパネルを設置することで、いくら節約できますか?

平均的な家庭は毎月約$130円の電気代を使っている。これは年間$1500円以上であり、大きな投資でもない。エネルギーを消費し、その代金を後で支払う。しかし、太陽エネルギーの場合、何も支払う必要はない。支払わなければならないのは資本コストだけです。そして投資回収期間は10年から15年である。質の良いパネルの平均寿命は30年から40年ですから、良い投資と言えるでしょう。

それとは別に、ネットメータリングの恩恵も受けることができる。これは、パネルが発電した未使用の電力をすべて売ることができる政策です。その電力を全国送電網に送れば、より多くの電気を節約することができる。しかし、それはあなた自身の電気の必要性とあなたが自宅で使用する機器に依存します。つまり、自宅にソーラーパネルを設置することで、多くのお金を節約することができるのだ。

結論

世界中の誰もがソーラーパネルの設置を望んでいる。排出ガスを出さずに生産されたエネルギーを使いたいからだ。しかし、彼らのほとんどはパネルの品質についてよく知らない。また、必要なソーラーパネルの数についても知らない。彼らは、パネルの設置を計画する前に、上記の要因を考慮する必要があります。調査には多くの時間がかかるが、その投資は長期的には有益である。

ソーラーパネルは、いくつかの方法であなたの節約を最大限にすることができます。太陽光発電の専門業者に依頼し、状況を判断してもらうだけでいい。その後、彼はあなたにさらに知らせるでしょう。一旦これが完了すれば、残りの人生、電気代を忘れることができる。

コメントを残す

jaJapanese