ソーラーパネルの寿命は?

ソーラーパネルは最近、かなり普及してきた。その理由は、世界中で電気料金が上昇しているからだ。太陽エネルギーは、排出ガスのない環境に優しいエネルギー源だ。そのため、化石燃料を消費するどの電源よりも優れている。化石燃料は環境を汚染するからだ。ソーラーパネルには可動部分がないため、メンテナンスが不要という点でも優れている。これが保証期間が長い理由だ。

メーカーは、少なくとも10年は使えるようにパネルを設計していると主張している。しかし、ソーラーパネルの寿命は品質によってまちまちだ。ユーザーの期待以上に長持ちするものもあれば、短時間で劣化するものもある。

パネルの寿命と、寿命を延ばすためのメンテナンス方法を見てみよう。

ソーラーパネルはなぜ劣化するのか?

世界中の誰もが、ライフスタイルを持続可能なものにしたいと考えている。この点で、ソーラー発電に勝る方法はない。必要なのは、電力需要に応じたバッテリーを備えたソーラーパネルの束だけだ。パネルの発電時間が長ければ長いほど、節約になる。平均して、ソーラーパネルは通常25年で完全に劣化する。しかし、その性能は時間とともに下がり続ける。

パネルの劣化は、太陽光にさらされることによるものだ。また、異常気象も重要な役割を果たしている。年間劣化率はほぼ0.5%である。これは、25年後にはパネルが使えなくなることを意味する。この劣化を止めることはできないが、自宅や職場に耐久性のあるパネルを使うことはできる。

ソーラーパネルの寿命に影響する要因

ソーラーパネルの寿命に影響する要因をいくつか挙げてみよう:

- 気候条件

気候条件はパネルの効率に大きく影響する。これは設置場所にも関わってくる。ソーラーパネルは自宅のどこにでも設置できるわけではないし、どの地域でも設置できるわけでもない。天候がパネルの寿命に与える影響を調べておくとよいでしょう。例えば、暑い気候はパネルにとって良い兆候だと考えるかもしれません。それは、パネルが太陽光を取り込んで電力に変換してくれるからです。しかし、そうではありません。このような条件下では、パネルが経年劣化するリスクが高くなります。

湿度もパネルの効率低下に一役買っている。湿度が高い状態では、最小限の水の層が形成され始める。その結果、太陽光がパネルに届かなくなり、性能に影響が出る。強風など、その他の要因もパネル性能に悪影響を及ぼします。

- パネルの品質

ソーラーパネルの品質は、長い目で見れば大きな違いだ。そして日を追うごとに、あなたもそれに気づき始める。ソーラーパネルの品質をチェックするために、ソーラーパネルの製造保証を見ることもできます。25年保証のパネルはより優れており、十分に長持ちします。

- インストールとメンテナンス

パネルの設置が不適切だと、必要な電力を発電できない。また、劣化も早い。パネルを適切に設置することで、必要な太陽光を確実に得ることができます。そのため、経験豊富な設置業者を選ぶとよいでしょう。さらに、随時メンテナンスを行ってくれる会社を選ぶこと。これにより、長期的に多くの問題を回避することができます。

ソーラーパネルを購入する大きな理由のひとつは、メンテナンスが少なくて済むことだ。寿命を延ばすためには手入れをしなければならないが、それでもかなり効率的だ。例えば、パネルにはホコリがたまり続けます。ですから、定期的にパネルを掃除する必要があります。そうすることで、パネルの劣化を防ぎ、性能を向上させることができる。また、パネルには可動部がないため、メンテナンスに多くの投資をする必要はありません。

これらの要因はすべて、パネルの性能に悪影響を及ぼします。ですから、ホコリやゴミを避け、掃除をする必要があります。また、太陽光発電会社にパネルの予防メンテナンスを依頼する必要があります。これは普通のことのように思えるかもしれませんが、あなたの節約を大きく増やすことができます。

パネルの寿命は?

世界中でソーラーパネルが使われるようになったことで、企業の数も増えた。その一方で、パネルの品質も向上している。しかし、それでも人々の頭をよぎる疑問は、「ソーラーパネルの寿命はどれくらいなのか」ということだ。そして間違いなく、すべての消費者がそれを知りたがっている。大金を投資するのだから。

最新モデルのソーラーパネルの寿命は40年以上。つまり、少なくとも2世代は1組のパネルに頼ることができる。しかし、最低でもその半分の期間はパネルが劣化することはない。保証は、その間にパネルの効率が80%を下回らないことを保証する。しかし、手入れをするかしないかにもよる。長い間放置しておくと、ゴミが熱を伝えなくなる。その結果、効率は低下する。

ソーラーパネルが発電を停止することはあり得ない。しかし、上記のようないくつかの要因により、その効率は影響を受ける。そして、時間が経つにつれて、すべてのソーラーパネルを交換しなければならないかもしれません。企業が提供する保証は、製造のみに適用されるものではない。製造会社によっては、特定の設備に対しても保証を提供している。これには、落枝や異常気象による損傷が含まれる。つまり、ソーラーパネルの寿命は25年から40年で、効率はさまざまです。

ソーラーインバータは直流を交流に変換するために働き続けるため、寿命が短い。通常は10年から12年で、1台の価格は$500-1000程度です。

どのソーラーパネルが長持ちするか?

ソーラーパネルの寿命は品質で決まる。メーカーはソーラーパネルをティア1、ティア2、ティア3に分類している。ティア1のパネルは最高品質で、他のパネルよりも長持ちします。また、これらのパネルの出力は保証期間を過ぎてもあまり変わりません。これは、人々がそれらに投資し、残りの人生のためにそれらを楽しむことを計画する理由の一つです。

ティア1パネルの劣化率(0.30%)も他の2パネルより低い。Tier2パネルの劣化率は0.5%、Tier3パネルの劣化率は0.8%である。そのため、前者の資本コストは高いが、投資収益率(ROI)も良い。

ソーラーパネルの寿命を延ばすには?

ソーラーパネルは、より長い期間、過酷な条件に対応することができる。これが耐久性に優れている理由のひとつです。より良いコンディションを保てば、一生使えるかもしれません。最近のほとんどのパネルには監視システムがついています。それを使って定期的にパネルの性能をチェックしてください。また、ソーラーインバーターを使って出力をチェックすることもできます。そうすることで、パネルのどこが足りないのかを知ることができます。そして、その出力に応じて一定の対策を講じることができる。

パネルの寿命を延ばすためにできる対策には、以下のようなものがある:

  • ベストな状態で使用するために、定期的に掃除をする。
  • パネルにホコリやゴミを付着させないでください。ブラシで掃除してください。
  • 頑固なゴミはぬるま湯で洗浄する。業者の勧めなしに化学的な洗浄方法を使おうとしないでください。
  • パネルのクリーニングに何かを使用する前に、業者のガイドを参照してください。やり方がわからない場合は、プロのクリーニング業者に依頼してください。
  • シェードはできるだけパネルから離してください。日陰はパネルに当たる太陽光を遮るからだ。その結果、発電量が低下する。
  • 風がよく吹く地域にお住まいの方は、パネルを何らかの支柱で縛ってください。そうすれば、風でパネルが傷つくことはありません。また、丘陵地帯に住んでいる場合はパネルを設置しないでください。これらの地域では、太陽はブルームーンに一度しか出ないからだ。さらに、雪が降ることも多いので、長い目で見ると大変なことになる。せっかくの投資も無駄になってしまうかもしれない。
  • パネルに亀裂が入ったらすぐに交換すること。水が浸入し、パネルにとって危険だからだが、同じ品質のパネルと交換すること。

ソーラーパネルのメンテナンスは、設置以上に重要だ。そのため、さまざまな戦略を駆使することが有効だ。また、メーカーの推奨事項を参考にするのもよい。メンテナンスのテクニックを使う前に、あるいは使っている間に、提供されているガイドを参照してください。

結論

太陽エネルギーは、現在最も持続可能なエネルギー源であり、排出物もない。電気代がかからず、貯蓄を大幅に増やすことができる。しかし、購入したり設置したりする前に、パネルの寿命を考慮してください。また、日陰がなく、日当たりの良い場所に設置すること。そうでなければ、最高の性能を発揮できません。

最良のメーカーを選び、そのメーカーにお任せください。パネルを時々メンテナンスすることで、パネルの効率を高く保ちましょう。定期的に点検し、どのように実を結ぶかを確認する。

コメントを残す

jaJapanese